性病・性感染症が与える影響

医師

性病(性感染症)とは

性的な接触により感染する疾患(STD)として何百年も前から知られています。

性的接触とは膣性交、オーラルセックスや肛門性交を指し、病気によっては母子感染や血液を介して感染sる病気も有ります。

感染はウイルス、細菌や寄生虫などが病原体となり人体内で疾患を引き起こします。

感染している人は、必ずしもウイルスや細菌が、症状や兆候が出るとは限りません。

感染者は症状がない場合でも、STDを引き起こす可能性があります。

性感染症には、クラミジア、淋病、性器ヘルペス、HIV感染症、トリコモナス、カンジダ症、梅毒があります。

多くの性感染症は、ペニス、外陰部、直腸、尿路、口、のど、気道および目に感染します。

病原体は、擦り傷を介して移動することができ糞便、尿や汗を介しても感染する病気も有ります。

感染を引き起こす率は各病原体に応じて変化し、目視で確認できない場合も有ります。

人は病気の兆候が存在しないにもかかわらず、感染を広げることがあります。

体液との接触を含む性行為が性感染症の感染の危険性を含むことを覚えておきましょう。

性感染症は、性的活動により引き起こされ細菌、真菌、原生動物またはウイルスは病気のキャリアではない人と性行為を通じて感染することができません。

逆に、STDに感染している人は、すでに感染している人との接触から、体液を通して感染し、HIVのようないくつかの感染症は、妊娠中または授乳中の母親から子に感染させます。

そして、なによりも大切なのは少しでも性病(性感染症)の症状があれば検査をしなければなりません。

病院で検査をするのが嫌ない人は、性病検査キットも販売されているので利用すると良いでしょう。

安全なセックスなど、コンドーム着用の性行為が、感染症のリスクを軽減します。

特に不特定多数のパートナーの数が多い人々の間では感染が顕著です。

女性では、特に性感染症は、多くの場合の深刻な状態を招きます。